072-684-8030

メニュー

株式会社パムズホーム

相続不動産について

不動産の生前贈与のメリット・デメリット

不動産の生前贈与とは、生前に所有している家や土地を誰か特定の人に譲ることです。これらの所有物は、生前贈与しなくとも死亡後には相続されます。
そこで、生前贈与と相続時の名義変更のどちらを選択するかは、あなたの意向や不動産や土地の相続財産の価値によって異なるでしょう。
生前贈与をしたからといって必ず得をするとも言い切れない為、どちらを選択するのか慎重に判断してください。不動産や土地を生前贈与した場合の主なメリットとデメリットは以下の通りとなります。

不動産の生前贈与のメリット

不動産の生前贈与のデメリット

贈与税について

贈与税は贈与によって財産を受け取った人に課税します。不動産購入資金を贈与されたときはもちろん土地や建物などの不動産、車などの資産を無償で譲り受けた場合、贈与税がかかります。贈与税が課税される者は毎年1月1日から12月31日までの1年間の贈与財産の合計額に対する贈与税を翌年2月1日より3月15日までの期間に申告と納税をします。

贈与税をかからずに名義変更する方法

名義変更について非常に問合せは多く、まず登記名義を変えるためには登記名義を変えるための原因が必要になります。原因とは、売買・相続・贈与などとなります。
売買の場合には実際にお金のやり取りが必要になり、相続はまだ発生していないので、贈与ということになります。
しかし、贈与を原因として不動産の名義を変更するには登録免許税はもちろんのこと、贈与税や不動産取得税までかかってきます。しかも贈与税の税率は非常に高いので、何十万、時には何百万という税金がかかってきます。

多くの方は、贈与税の話をするとすぐに諦めてしまうのですが、贈与税をかからずに名義変更をする方法もあります。

暦年課税制度を使った贈与

贈与税には毎年110万円までの基礎控除があり、110万円の範囲内で何年かに分けて贈与をしていく方法です。

贈与税はかかりませんし、贈与の申告をする必要もありませんが、不動産における110万円は少額なので、すべての持分を贈与しきるのに何年、何十年もかかってしまうということと、その都度書類を作成し、登記を申請することになるので、手間と費用が多くかかります。共有の不動産を一部ずつ贈与して単独所有にする場合などに使います。

相続時精算課税制度を利用した方法

相続時精算課税制度とは、贈与税を2500万まで控除し、相続が発生したときに相続税の課税額として計算するという制度です。

例えば、相続税の基礎控除額は相続人3名の場合4800万円ですが、贈与した不動産の価格が1500万だった場合に贈与税はかかりませんし、相続発生時の遺産の総額と贈与した1500万円を併せて4800万円を超えない場合には相続税もかからないということになります。

次世代への財産の移転を促すための制度なので非常に便利なのですが、65歳以上の親から20歳以上の子どもへの贈与である必要があり、贈与した年の次の確定申告で贈与の申告をする必要があります。

一度名義を変更した不動産をもう一度元に戻すのは税金などの関係で大変ですので、名義変更をお考えの方は一度パムズホームまでご相談ください。

会社概要